企業向けサービス

業界最大級の集客力。サーチ型新卒紹介サービス

メルマガ『シンクの想い』(vol.07)

シンクトワイスが配信しているメールマガジンをご紹介します。

シンクトワイスが新卒紹介というビジネスに対して
どのような考えで取り組んでいるかについてお伝えしています。

前へ 次へ

vol.07

『新卒一括採用について、我々はこう考える』

新卒一括採用は、
日本独特の文化です。

言葉は悪いかもしれませんが、
就職サイトの恩恵もあってか、
「海に仕掛けた大網に大量の魚がかかる」
というような、
極めて効率的な手法が、
長い間、実践されてきました。

しかし、
このメリットを享受しているのは、
ネームバリューのある一部の大手企業だけのような気がします。
中小やベンチャーは、同様の恩恵を授かるのだとしたら、
就職サイト上の露出競争に
コストをかけなければ、戦えません。
大網を買わないと、採用できない。

そういう仕組みになっています。


一括採用は、
企業だけではなく、
学生をも翻弄してきました。

大学卒業の約1年半前から就職活動に携わり、
全員が一斉にリクルートスーツを買いに走り、
説明会に参加し、面接を繰り返す。

そして……、
シューカツがうまくいかない場合は、
消耗戦に陥る。


自分の就職先を決めることは、
本来は、大変シンプルな行為であるはずです。
それなのに、
一括採用が引き起こしている現象は、
複雑なのです。



-------【採りたいときに採る。それが一番美しい】-------

この仕組み自体は長くは続かない。

シンクトワイスは、そう考えています。

なぜなら、4月入社の採用枠に対して、
1年以上前から採用活動を始めるのは、
やはり、おかしいことですから。

企業は、採りたいときに採る。
学生は、就職活動したいときに活動する。
これがフツウです。

だから、シンクトワイスは、
新卒紹介というサービスに力を入れているのです。

いつの時期であっても、
オーダーをいただければ、2週間で学生を紹介できます。
また、学生に対しては、
我々エージェントが、
いつでも安心感ある企業を斡旋できます。
そのことで、焦らずに、学業や研究に励むことができるのです。

学生はさまざまなことに向き合い、
モラトリアムを経たうえで、
「こういうことに取り組みたい」と、
自身の進路を意思決定する。
これが、健全な姿だと思います。


「新卒は就職サイトで採用するものだ」
という考え方は、
そろそろ固定概念化してきているのではないでしょうか。

就職サイトの効用を得られる企業とそうでない企業、
その線引きをハッキリと認識することが、
新卒一括採用のメリットとデメリットを
見極める第一歩であると考えます。

我々は、
硬直化した従来の採用手法に
さまざまな選択肢を提案することで、

「採りたいときに採れる採用」

を実現していきたいのです。
そのことで、
学生に対してもよい影響を与えられることを希望して――。


日本の海には、
日本海だけではなく、
太平洋も瀬戸内海もあります。

採用手法の選択肢も、
ひとつではないのです。


シンクトワイス株式会社 メールマガジン『新卒採用にロマンを!』
(第7号 2013年10月配信)
前へ 次へ